9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」

2010年09月29日

本田宗一郎の魔法の言葉

◆戦略的メールカウンセリング実施中!9月の申込みは、あと2名様♪
http://www.kokoro-str.jp/category/1428814.html
クライエントさん個々の症状や問題に合わせて、自己実現できるようサポートします!


◆無料メール相談はこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/category/1403157.html
「心の回復」の陰に隠れた一番の力は、誰かが気にかけてくれていることを知ることです。



<目次>
●本田宗一郎の魔法の言葉
●心のストレッチルームからのお知らせ
●編集後記

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラーの、やすあきです。
http://www.kokoro-str.jp/category/1392721.html


今日は、「本田宗一郎」の言葉をご紹介します。


本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、
日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。


---------------------------------------------------------------
●本田宗一郎の魔法の言葉
---------------------------------------------------------------


「怖いのは失敗することではなく、

             失敗を恐れて何もしないことだ」




私が心理カウンセラーになろう!と決意してから3年。

ようやくという感じですが、念願がかないました。

しかし、3年前は、ほとんどの人が反対をしました。

妻でさえ、

 「失敗したらどうすんの?」

 「やめたほうがいい、お金はどうするの?生活は?」

と、反対されました。

確かに、当時私は失業中でしたし、

失業保険で生活していたくらいでしたから、

「何ほざいてんの?」

と言われるのも無理はなかったかもしれませんね。

でも、こうして、心理カウンセラーをさせてもらっているのも、

とりあえず、具体的に動いたかからなんです。

「カウンセラーになるためにはどうすればいいのか?」

これだけを考えて、具体的に動いたからなのです。

特別なことは何もしていません。

今では、本田宗一郎さんの言葉の意味が少しわかる気がします。



---------------------------------------------------------------
●心のストレッチルームからのお知らせ
---------------------------------------------------------------

「うまくいっている人は、なぜうまくいっているのか?」

「上手くいかない人は、なぜ上手くいかないのか?」
あなたの心の悩みを解決して、幸せを手に入れるセラピー


◆癒し+願望達成セラピーはこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/category/1424591.html
私の役目は、より多くの人の心を癒し、幸せな生活を送れるよう、ナビゲートすることです。あなたは、どんな幸せを手に入れたいですか?


◆戦略的メールカウンセリング実施中!9月の申込みは、あと2名様♪
http://www.kokoro-str.jp/category/1428814.html
クライエントさん個々の症状や問題に合わせて、自己実現できるようサポートします!


◆無料メール相談はこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/category/1403157.html
「心の回復」の陰に隠れた一番の力は、誰かが気にかけてくれていることを知ることです。



心のストレッチルームでは、
○精神科に行くまでではないけど、心が疲れてしまった
○自己実現したい!願望達成したい!人間関係をもっとよくしたい!
という方のセラピー&コーチングをおこなっております。

================================

■セラピーの感想・生の声

●子どもたちとの関わりに疲れてしまい、心はズタズタ。病休に入ろうかどうか悩んでいました。いろいろな本を読んでみたものの、いまいちピントくるものがありませんでした。
そこで、メールカウンセリングを受けることに。時間がとれない私には、メールカウンセリングはピッタリでした。でもまさか、いつも子ども達に出している宿題を出されるとは。何十年ぶりでしょうね、真剣に宿題をするのは・・・
その宿題を続けて3週間後、子ども達とのかかわりに変化が起きたかどうかは分かりません。でも、教師間の人間関係はよくなったと感じています。と、いうのは、相談にのってくれる先生が増えました。 今までの私は、何でも自分で問題を解決しようとしていて、誰かに助けを求めるのが苦手だったようです。今思うと、子どもたちとの関係に疲れていたのではなく、近くの先生に助けを求められなかったことに、疲れを感じていたのかもしれません。 自分の力ではどうしようもできないときは、助けを求めてもいいんですね。

(小学校教諭、女性、42歳)


●教壇に立つと生徒たちの視線が恐くて、目をあわせられないで悩んでいました。そんなとき、対面カウンセリングを受けました。
目をあわせなくても、生徒達との関係はうまくいくんですね。少しだけ自分に自信が持てた気がします。

(高校教諭、男性、26歳)



●実は、数年前から夫の女性問題で悩んでいました。ですが、子どものためと思い、離婚は思いとどまっていました。しかも数年前から夫からの暴力も受けていました。さらに、追い討ちをかけるように、娘(高校1年)の不登校。どうしようもなくて、心理カウンセリングをうけました。
どうやら私は、自分の人生を生きていなかったようです。いつも誰かのせいにして、誰かの人生を生きてきたことに気が付いたとき、夫に離婚を申し出ました。夫は「離婚は絶対にしない」の一点張りで、調停中です。まだ離婚は成立していませんが、今までの夫からうけた仕打ちを考えると、別れるのは当然だと思います。
また、娘も応援してくれていて、「お母さんが頑張っているんだから、私も!」と、午前中だけですが高校に行きだしました。なんだか、少しずつ何かが変わってきているようです。

(主婦、43歳)


---------------------------------------------------------------
●編集後記
---------------------------------------------------------------

最近、しょうが湯にはまっています。

しょうがを5枚くらい適当にスライスして、
急須に入れて、10分ほど待ちます。
ほんのり香るしょうがと、体にやさしい感じがいいですよ!
体温をあげる効果もあるようですね、低体温の人にはおすすめです。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
次回、あなたの心に届く魔法の言葉は・・・

またお会いしましょう!(やすあき)


◇◆読者の皆様からのメッセージの受付けについて◇◆
読者のみなさまからいただきましたメールには、数日の時間をいただくこともありますが、かならず返信させていただいております。返信のない方は、再送いただけますよう、よろしくお願いいたします。
→ kokorosut@yahoo.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメルマガのバックナンバーは、こちら↓
http://archive.mag2.com/0001168014/index.html

■公式サイトはこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/

■問い合わせ・メルマガのご感想はこちら↓
kokorosut@yahoo.co.jp

■発行責任者:やすあき

☆発行システム:「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001168014.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 前田泰章 at 12:49| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

星野富弘の心に響く魔法の言葉 いい言葉

読者のみなさん、こんにちは!
心理カウンセラーの、やすあきです。

今日の名言セラピーは、
「星野富弘」さんの言葉をお届けいたします。

---------------------------------------------------------------
●「星野富弘」の心に響く魔法の言葉
---------------------------------------------------------------

▽▼星野 富弘(ほしの とみひろ、1946年4月24日 - )▼▽

日本の詩人・画家。
群馬県勢多郡東村(現・みどり市)に生まれる。
1970年に高崎市立倉賀野中学校に体育教師として着任したが、
2ヵ月後に公務災害(体操部の指導中、宙返りの模範演技で失敗)
により頸髄損傷の重傷を負い、肩から下の機能が麻痺する。

9年間におよぶ入院生活の間に、キリスト教の洗礼を受け、
母親の献身的な看病や看護師、看護学生らの助言を受けながら、
口にくわえた筆で水彩画、ペン画を描き始め、
後に詩を添えるようになった。


∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆

★神様がたった一度だけ

 この腕を動かして下さるとしたら、

  母の肩をたたかせてもらおう。

  風に揺れるペンペン草の

   実を見ていたら、

   そんな日が

  本当に来るような気がした。
             〜星野富弘〜


★たった一度しかない自分の人生だから、

 社会がどうあろうと、

  人が何を言おうと、

  そんなことにひるむことなく、

  大切な自分の人生を、

 志を持って進んでいけたらいい。
             〜星野富弘〜


★冬があり夏があり

  昼と夜があり

  晴れた日と雨の日があって

  ひとつの花が咲くように、

  悲しみも苦しみもあって

  私が私になってゆく。
            〜星野富弘〜

∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆


---------------------------------------------------------------
●無料メール相談のお知らせ
---------------------------------------------------------------

今、あなたが抱えている悩みや不安を、
プロの心理カウンセラーに、
ちょっとだけ相談してみませんか?

あなたの知らない意外なところに、
問題解決のヒントが隠されているかも!

無料メール相談はこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/category/1403157.html

---------------------------------------------------------------
●編集後記
---------------------------------------------------------------

富弘美術館に、家族3人で行ったときのことです。

3人とも、とても感動して、
星野富弘さんにメッセージを書きました。
そのときの娘(6歳)のコメントを読んで、びっくり。


「あなたは、すごいですね。絵が上手ですね!」

短い言葉なのですが、
すべてが、そこにつまっていました。

素直に感じるって、
こういうことなんだなぁと、
あらためて、娘から教えてもらった気がします。


富弘美術館のHPはこちら↓
http://www.tomihiro.jp/

次回、あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
posted by 前田泰章 at 09:01| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

相田みつをの心に響く魔法の言葉

今日の名言セラピーは、
「相田みつを」の言葉をお届けいたします。


-----------------------------------------------
●「相田みつを」の心に響く魔法の言葉
-----------------------------------------------

▼▽相田 みつを▼▽
本名:相田 光男(1924年5月20日 - 1991年12月17日)は, 詩人・書家。栃木県南西部の足利市に生まれる。栃木県立足利中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事。1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応老師と出会い、在家しながら仏法を学ぶ。1943年に書家である岩沢渓石に師事、全国各地で展覧会を開催。


「相田みつを」の書物を読むと、
心が癒されるといいますか、
心がホッと温かくなるのを感じます。


仕事で上手くいかなかったり、
人間関係がうまくいかなかったときなど、
「相田みつを」の言葉に、
励まされた人は多いのではないでしょうか?


そんな、
自分は自分らしく生きていいんだ!
と、思える
「相田みつを」の魔法の言葉はこちら。


∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*

 【みんなほんもの】

   トマトがねえ

      トマトのままでいれば

      ほんものなんだよ

   トマトをメロンに

   みせようとするから

      にせものに

      なるんだよ

   みんなそれぞれに

   ほんものなのに

      骨を折って

      にせものに

      なりたがる

            「いのちいっぱい」より

∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..


-------------------------------------
●無料メール相談のお知らせ
-------------------------------------

いま、
あなたが抱えている悩みや不安を、
プロの心理カウンセラーに、ちょっとだけ
相談してみませんか?

あなたの知らない意外なところに、
問題解決のヒントが隠されているかも!

無料メール相談はこちら↓
http://www.kokoro-str.jp/category/1403157.html
posted by 前田泰章 at 11:11| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

松下幸之助の心に響く魔法の言葉

こんにちは、やすあきです。
今日は、経営の神様と呼ばれた
「松下幸之助さん」の言葉をお届けします。

__________________

●松下幸之助とは?
__________________


▼▽松下 幸之助(まつした こうのすけ)▽▼
(1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。


私は、ほぼ毎日、
松下幸之助さんが各地で講演された、
肉声がおさめられているCDを聞いています。
モチベーションUPにいいんですね〜!

気分が落ち込んでいるときや、
仕事の目的を見失いかけているときなど、
初心を思い出させてくれます。


そんな、心に響く、
松下幸之助さんの魔法の言葉です!

___________________

●松下幸之助の魔法の言葉
___________________


☆幸福というものは、
 その人その人によって違うが、
 結局、
 自分でつくり出すしかしかたがない。


★悲運と思われるときでも、
 決して悲観し、
 絶望してはいけない。
 その日その日を
 必死になって生き抜くことが大事。
 そのうちきっと
 思いもしない道が開けてくる。


☆正しいことだけでは、
 人を納得させることは
 できないこともある。


★誰もが学校で優等生になれるとは限らない。
 しかし、
 誰もが人間としての
 優等生になることはできる。


☆人間は半分は利益で動く。
 しかし、
 半分は利益では動かない。


★自分は自分。
 何億の人間がいても、
 自分は自分。


_____________________

●松下幸之助一日一話の紹介
_____________________


松下幸之助が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、毎日一話ずつ紹介しているサイトです。経営に携わっている方は、ぜひ読んでいただきたいですね。

●松下幸之助 一日一話はこちら↓
http://panasonic.co.jp/founder/words/
posted by 前田泰章 at 08:10| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

安藤百福の勇気の出る言葉

読者のみなさん、こんにちは!
やすあきです。

困難を乗り越えてきた人の言葉には、
その人の想いや、気持ちが伝わってきます。

特に、大きな成功を成し遂げた人の言葉には、
心にズシーンとくる何かがあるようです。

●目次
・日清食品創業者【安藤百福さん】の勇気の出る言葉
・編集後記

_________________________
 日清食品創業者【安藤百福さん】の勇気の出る言葉
_________________________
▽▼安藤百福▼▽
安藤 百福(あんどう ももふく)
世界初のインスタントラーメンの開発者。
日清食品(株)の創業者。
「チキンラーメン」や「カップヌードル」の開発により、
日本のみならず、世界の食文化に変化をもたらしたことで知られています。

------------------------------------------------------------------
安藤百福さんの自叙伝「魔法のラーメン発明物語」を読み終わったあと、
日清のカップラーメンを買いました。
いつも食べているカップラーメンでしたが、
安藤百福さんの苦労を考えると、食べながら、涙が出てきました。

安藤百福さんは、さまざまなビジネスを手掛けてきました。
しかし、成功してはだまされ、会社を乗っ取られ、
どん底を経験してきた人です。

実は、カップラーメンの開発を手掛けたのも、48歳からなのです。

48歳という年齢で、カップラーメンの開発に取り組んだのです。
そのチャレンジ精神には、勇気をもらいました。

何かをはじめるのに、
年齢なんて関係ないってことですね。
何歳になっても、新しいことにチャレンジしてもいいんですね。


そんな安藤百福さんの言葉です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    失ったのは、財産だけではないか。

        その分だけ、

      経験が血や肉となって

        身についた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●安藤百福をもっと知りたい!という方はこちら↓
http://www.nissinfoods.co.jp/knowledge/chronicle/index.html

__________________
編集後記
__________________
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
30歳を過ぎて、家族もあるのに失業しました。
失業保険で生活していたときもありました。
独立するなんて、夢のような話でした。
そんな状況のとき、安藤百福さんの言葉には勇気と希望をもらいました。
今、独立起業できているのも、安藤百福さんの言葉のおかげです。

ありがとう!

次回、あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
タグ:安藤百福
posted by 前田泰章 at 22:00| メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

「カラー」の花言葉と魔法の言葉

【相田みつをの心に響く魔法の言葉】
 わかってたまるか わかってたまるか 足の下に踏まれて 
 ばかりいる雑草の くるしみを 陽の当たるところに
 出たことのない 苔のかなしみを

「自分の花を」より 〜相田みつを〜


カラー.jpg


カラー サトイモ科の多年草で、原産地はアフリカ。ミズバショウと同種で、漏斗(ろうと)状の花がかわいい。色は純白、淡い黄色、ピンクなどがある。別名、オランダカイウともいうが、イギリスではユリに似ていることからカラー・リリーとも呼ぶ。花言葉は「乙女のしとやかさ」

 信念は ”何が正しいか”ということを自問自答しつつ、
 衆知を集めて追求するところから生まれてくる。

「松翁論語」より 〜松下幸之助〜



次項有人間関係がうまくなる!魔法の言葉
〈主夫の私も使っている!今日のさりげないひと言〉

ほう、知りませんでした
  相手の博識ぶりを讃え、自尊心を満足させるあいづち。相手の
  話が「面白く、役に立つ」ことを表します。この言葉のあと、
  「それで、どうなったんですか?」などと、さらに突っ込んだ
  話を聞きたいという態度を見せれば、”博識”の相手はいっそ
  う喜んでくれるでしょう。

この前、娘が私の知らない花を、得意気に話していました。
「この花は、ゴールドマリーって言うんだよ〜、学校で教わってきたんだ〜」 【それはパパも知らなかったなぁ】
このあと、学校のことや、たわいもない話で盛り上がりました。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)





posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(自分の花を) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

いい言葉と「アンスリウム」の花言葉

 【相田みつをのいい言葉】

のどがかわいているときに きれいな谷川の水をのむと
 ほっとします こころのかわいているときに やさしい、
 あたたかいことばをかけかれるとほっとします。
 ほっとするのは、むずかしい理屈や理論ではありません。
 こころですね。

「いのちいっぱい」より 〜相田みつを〜


アンスリウム.jpg


アンスリウム サトイモ科。原産地はアメリカ、西インド諸島。通常アンスリウムといえば、ハワイ産のオオベニウチワを指す。赤い花のように見えるのは、花を保護するために葉が変化した仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、花はその中央に穂状に突き出した部分。苞の色は各種ある。花言葉は「煩悩」

 人間は半分は利益で動く。しかし、半分は利益では動かない。
「松翁論語」より 〜松下幸之助〜



次項有人間関係を悪くする ムッとさせる言葉!
(主夫の視点でみる、さりげないけど、間違いなく嫌われる言葉)

そんなこと言った覚えはない  
  自分では言った覚えがなくても、相手が「そう言った」と
  主張しているとき、「そんなことはない」と否定するのは、
  信頼を失うもとです。こちらの言葉を相手が誤解して受け
  とっていることもあります。そういった場合は、勘違いさ
  せた言い方に問題があったと考え、「言い方が悪かったか
  もしれない」と一歩引いたほうがいいかもしれませんね。

いや〜、言葉ってホント、難しいですね。
私はサラリーマン時代、ほぼ毎日のように使っていました。どれだけの人を不快にし、どれだけの人を苦しめたか分かりません。反省しても反省しきれないぐらいです。あの頃に戻れたらなぁ・・・


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(いのちいっぱい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。