9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 魔法の言葉

2011年01月13日

「ヘレン・ケラー」の心に響く魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラー/問題解決セラピストの、やすあきです。


今日は、「ヘレン・ケラー」の心に響く魔法の言葉をご紹介します。


この魔法の言葉があなたのありふれた日常に、
新しい気づきや、新しい発見をもたらしてくれたら幸いです♪


===========================
ヘレン・アダムス・ケラー(1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。2歳(生後19か月)のときに高熱にかかり、医師と家族の懸命な治療によりかろうじて一命はとりとめたものの、聴力、視力、言葉を失い話すことさえできなくなった。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。
===========================


-------------------------------------------------
★「ヘレン・ケラー」の心に響く魔法の言葉
-------------------------------------------------

 『盲目であることは悲しいことです。


  けれど、


  目が見えるのに見ようとしないことは


  もっと悲しいことです。』

              
              「ヘレン・ケラー」



★とても深い言葉ですね。

もしかしたら、見ようとしなければ、
見えないものってあるのかもしれません。

相手のいいとろとか強みとか、

子どもの素晴らしいところとか、

児童・生徒の長所とか・・・



最後まで読んでくださり、ありがとうございました(●^o^●)
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・

posted by 前田泰章 at 15:24| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

夏目漱石の現代社会に送る言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラー/問題解決セラピストの、やすあきです。


今日は、夏目漱石の現代社会に送る言葉をご紹介します。


この言葉があなたのありふれた日常に、
新しい気づきや、新しい発見をもたらしてくれたら幸いです♪

==========================
夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日-1916年12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)『吾輩は猫である』『こゝろ』などの作品で広く知られる、森鴎外と並ぶ明治・大正時代の文豪。
==========================

----------------------------------------------------
●夏目漱石の現代社会に送る言葉
----------------------------------------------------

 『今の私は、ばかで人にだまされるか、


  あるいは疑い深くて、人を容(い)れることができないか、


  この両方だけしかないような気がする。


  不安で、不透明で、不愉快に満ちている。


  もしそれが生涯続くとするならば、


  人間とはどんなに不幸なものだろう』

                  【夏目漱石】

------------------------------------------------------------------

夏目漱石は、うつ病や神経衰弱を患っていたといいます。

この言葉は、現代社会に通じるものがあるかもしれませんね。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました(●^o^●)
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
タグ:夏目漱石
posted by 前田泰章 at 01:28| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

アメリカの色彩学者「ルイス・チェスキン」の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラー/問題解決セラピストの、やすあきです。


今日は、アメリカの色彩学者
「ルイス・チェスキン」の魔法の言葉をご紹介します。


この魔法の言葉があなたのありふれた日常に、
新しい気づきや、新しい発見をもたらしてくれたら幸いです♪


--------------------------------------------------------------
★アメリカの色彩学者「ルイス・チェスキン」の魔法の言葉
--------------------------------------------------------------

『奥さんがうつ病であったり、

  
 
極度の神経質だということで

  
   
別れたいと思っている世の亭主諸君に言いたい。



変えるべきは家の色彩設計である。

            

奥さんは変えなさるな』


「ルイス・チェスキン」

=========================


いかにもアメリカ!という発想で面白い!

確かに部屋の色彩で気分が変わったりしますから、

奥さんを変える前に試してみてもいいかもしれませんね。


私は、おかげさまで妻とは仲良くさせてもらっていますが、

もしものときは部屋の色彩を変えてもいいかも!?



最後まで読んでくださり、ありがとうございました(●^o^●)
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
posted by 前田泰章 at 22:36| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

「徳川家康」の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラー/問題解決セラピストの、やすあきです。


今日は、「徳川家康」の魔法の言葉をご紹介します。

この魔法の言葉が、あなたの何気ない普通の日々に、
新しい気づきや、新しい発見をもたらしてくれたら幸いです♪


++++++++++++++++++++++++++
徳川 家康(とくがわ いえやす)は、日本の戦国武将、
江戸幕府の初代征夷大将軍。徳川氏の祖。
++++++++++++++++++++++++++

-------------------------------------------------
★「徳川家康」の魔法の言葉
-------------------------------------------------


 『人生には3つの変わり目がある。


  17、18歳のときは友達に感化されて悪くなることがある。


  30歳になると、慢心して、


  経験豊かなものをバカにする気持ちがでてくる。


  40歳のときは、これまでのことばかりを振り返って、


  将来を見ようとせず、積極性がなくなる。


  だからこの3つの変わり目に注意して、


  身をあやまらないものこそが偉い人である』


「徳川家康」



=========================


★人が生きていくうえで、

大切なことは今も昔も変わらないのかもしれませんね。

今現在、私は30代なのですが、

思い当たるふしがあります。

注意しないと・・・



最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
タグ:徳川家康
posted by 前田泰章 at 10:05| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

「ゲーテ」の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラーの、やすあきです。


今日は、「ゲーテ」の魔法の言葉をご紹介します。


++++++++++++++++++++++++++
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(1749年8月28日 - 1832年3月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。
++++++++++++++++++++++++++


-----------------------------------------------
●「ゲーテ」の魔法の言葉
-----------------------------------------------

『涙とともにパンを食べた者でなければ、



            人生の味はわからない』

「ゲーテ」


=========================

頭でわかることと、経験を通してわかることの違いは、
忘れるか忘れないかだと私は思います。


たとえば、スキー。


頭でいくらイメージしてわかっても、

どんなに素晴らしいコーチが講義してくれても
滑れるようにはなれませんよね。


しかし、小学校の頃に滑った経験があって、
それから年十年滑っていなかったとしても滑れるのです。


体が覚えているんです。

つまり、忘れていないということです。


------------------------------------------------------

経験して初めてわかることもあるんですよね。

心理カウンセラーになって、初めて分かることもありました。

この世界に入っていなければ経験できなかっただろうな、

ということもたくさんありました。

ホント、この経験に感謝です。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
タグ:ゲーテ
posted by 前田泰章 at 13:22| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

「斎藤茂太」の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラーの、やすあきです。
http://www.kokoro-str.jp/category/1392721.html


今日は、「斎藤茂太」の魔法の言葉をご紹介します。

斎藤 茂太(さいとう しげた、1916年3月21日 - 2006年11月20日)は、
日本の精神科医、随筆家。愛称はモタさん。



-------------------------------------------
○斎藤茂太の魔法の言葉
-------------------------------------------



「妻というものは、単なる女性ではなく、


     男にとって最大の人生の相談役である」




結婚している男性であれば、
とても考えさせられる言葉ではないでしょうか。


人生で幸せと成功をおさめている人のほとんどは、
よい夫婦間を築いているといいます。


安定した家庭が、仕事にも影響しているのかもしれませんね。


ということは、夫婦間をよくすれば、
成功できる可能性は高まるのでは?



そんな逆転の発想もおもしろいかもしれません。
posted by 前田泰章 at 19:33| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

安田善次郎の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラーの、やすあきです。
http://www.kokoro-str.jp/category/1392721.html


今日は、「安田善次郎」の言葉をご紹介します。


★安田 善次郎
(やすだ ぜんじろう、1838年11月25日- 1921年9月28日)は、富山県富山市出身の実業家。安田財閥の祖。安田財閥は、日本の四大財閥の一つ。金融部門の絶対的な優位性を持つことから「金融財閥」とも呼ばれる。安田財閥の金融資本は他の財閥の追随を許さず、日本で最大の規模を誇っていた。

-----------------------------------------
●安田善次郎の魔法の言葉
-----------------------------------------

 「貧しさから奮起して、リスクをとり財を成しても、

   浮かれていては再び貧しくなる。

   明確な目的もなく、

  ただお金を増やすだけの行為はむなしく、

                長続きはしない」


とても、深い言葉ですね。

私の夢は、社長になることでした。
明確な目的もないのに、社長になることが夢でした。

そして、規模は小さいですが、社長になってみて、
思うことがあります。

社長になることを目的にしてはダメなんですね。

社長になって、社会のためにどんなことをしたいのか?

そこには、仕事の目的みたいなものが大切だと、
社長になってみて気が付きました。

私にとって社長になったことは、
ゴールではなくて、スタート地点なのかもしれません。

いまでは、そう思うようになっています。

そういった意味では、安田善次郎さんの言葉は、
とっても深く、身の引き締まる言葉だと思います。

posted by 前田泰章 at 01:25| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。