9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 「ゲーテ」の魔法の言葉

2010年12月21日

「ゲーテ」の魔法の言葉

いつも読んでくださり、ありがとうございます!
心理カウンセラーの、やすあきです。


今日は、「ゲーテ」の魔法の言葉をご紹介します。


++++++++++++++++++++++++++
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(1749年8月28日 - 1832年3月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。
++++++++++++++++++++++++++


-----------------------------------------------
●「ゲーテ」の魔法の言葉
-----------------------------------------------

『涙とともにパンを食べた者でなければ、



            人生の味はわからない』

「ゲーテ」


=========================

頭でわかることと、経験を通してわかることの違いは、
忘れるか忘れないかだと私は思います。


たとえば、スキー。


頭でいくらイメージしてわかっても、

どんなに素晴らしいコーチが講義してくれても
滑れるようにはなれませんよね。


しかし、小学校の頃に滑った経験があって、
それから年十年滑っていなかったとしても滑れるのです。


体が覚えているんです。

つまり、忘れていないということです。


------------------------------------------------------

経験して初めてわかることもあるんですよね。

心理カウンセラーになって、初めて分かることもありました。

この世界に入っていなければ経験できなかっただろうな、

ということもたくさんありました。

ホント、この経験に感謝です。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
次回あなたの心に届く魔法の言葉は・・・
ラベル:ゲーテ
posted by 前田泰章 at 13:22| 魔法の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。