9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 相田みつをのいい言葉名言と「カキツバタ」

2010年09月02日

相田みつをのいい言葉名言と「カキツバタ」

相田みつをのいい言葉名言】 
 うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる
 うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ

「にんげんだもの」より 〜相田みつを


カタツバタ.jpg


カキツバタ(杜若) アヤメ科の多年草。原産地は日本、朝鮮半島、中国東北部からシベリア東部にかけて。花は青紫色で、白い花のものはシロカキツバタと呼んで区別している。古来、花汁を用いて布を染めたので”書きつけ花”と呼ばれ、これが転化してカキツバタとなった。愛知県、京都府、鳥取県などには天然記念物物の大群落がある。



松下幸之助のいい言葉名言
 一万回、碁を打ったらだいたい初段になれるという。

 素直な心の初段になるには、

 一万回、それを念じなければならない。

「松翁論語」より 〜松下幸之助〜 



次項有人間関係をよくする!魔法の褒め言葉
(会社で使える!今日のさりげないひと言)

これができる人は、なかなかいないんですよ!
  「あなたは特別、優秀だ」と、相手の自負心をくすぐる褒め
  言葉です。「やっぱり○○さんの仕事は違いますね」と言う
  のも同じです。「このバランスがいいんです」「普通の人は
  ここまで注意を払えませんよ」など、具体的な理由を加える
  と、説得力が増しますね。

年上の部下がいらっしゃる方には、この言葉は知ってて損はありませんよ〜。ただ、あくまでもさりげなく言ったほうがいいですね。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(にんげんだもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。