9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 松下幸之助の名言・いい言葉と「チューリップ」の花言葉

2010年07月06日

松下幸之助の名言・いい言葉と「チューリップ」の花言葉

相田みつをの名言】 
弱きもの人間 欲ふかきものにんげん 
 偽りおおきもの人間
 そして 人間のわたし

「にんげんだもの」より 〜相田みつを〜


チューリップ.bmp


チューリップ ユリ科。原産地は小アジア。(現在のトルコの一部)。16世紀にヨーロッパに紹介され、人気を呼ぶ。日本へは江戸時代の終わりごろに渡来。本格的な球根生産が始まったのは、大正時代で新潟県が最初。その後、富山県、京都府などでも始まる。名前はトルコ語のツリパム(ターバン)がなまったもの。花言葉「博愛」


松下幸之助の名言
 急いで大を成すことを望んではならない。

 急いで目的を達することにとらわれてはならない。

 悠々、一歩一歩、仕事を楽しみ、

 その日その日を楽しみつつ、

 力強くやっていくことによって、

 与えられた運命は必ずひらけてくる。
「松翁論語」より 〜松下幸之助




次項有人間関係をよくする!魔法の言葉
(ちょっとだけいい感じになる!今日のさりげないひと言)

今となっては笑い話ですが・・・  
  過去の失敗談をするときに用いる定番のフレーズです。「今と
  なっては笑い話ですが」と言って、若いころの失敗談などを
  話すと、場がなごみ、相手との距離を縮めることができます。

私も歳をとったら、たくさんの笑い話ができたらなぁ〜と思います。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(にんげんだもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。