9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 相田みつをの格言名言と「マツムシソウ」の花言葉

2010年08月15日

相田みつをの格言名言と「マツムシソウ」の花言葉

相田みつをの格言名言
つらかったろうなあ 

くるしかったろうなあ

うん うん 

だれにもわかって もらえずになあ

どんなにか つらかったろう 

うん うん 泣くにも泣けず

つらかったろう 

くるしかったろう 

うん うん

「いのちいっぱい」より 〜相田みつを


マツムシソウ.jpg


マツムシソウ(松虫草) マツムシソウ科。日本でも北海道から九州の山野に自生しているが、栽培種は地中海沿岸地方原産のものを改良した品種で、正しくはセイヨウマツムシソウと呼ぶ。属名はスカビオサ。ラテン語で”疥癬(かいせん)”の意味。ヨーロッパでは古くから皮膚病の治療薬として用いられていた。花言葉「不幸な愛情」


松下幸之助の格言
自分は自分。

何億の人間がいても、自分は自分。

「松翁論語」より 〜松下幸之助〜


*人と比べるだけ、ムダだとわかってはいるのですが・・・
頭では分かっていても、心が苦しくなるときってあるんですね。


次項有人間関係をギクシャクさせる言葉
(さりげないけど、ちょっと不愉快なひと言)

オレの若い頃は・・・  
  「オレの若い頃は・・・」という自慢話ほど、若い人から
  嫌われるものはありません。聞かれもしないのに、昔話を
  したときは、「つまらない話を聞いてもらってありがとう」
  と感謝したほうがよさそうですね。
  ただ、話したくなる気持ちは分かります。

学生時代、居酒屋でアルバイトをしていたことがあるのですが、私は、酔っぱらいのお客さん担当でした。必ずといっていいほど、年配の方は話されましたね。「俺の若いころはなぁ・・・」とね。でも、真剣に話を聞いてあげると、お客さんも気分がよくなるらしく、おごってくれるんですね〜。「お前も一杯飲めよ」てな感じで・・・



最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(いのちいっぱい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。