9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 心に響くいい言葉と春の花「マンサク」

2010年08月25日

心に響くいい言葉と春の花「マンサク」

【相田みつを 心に響くいい言葉

トマトがねえ トマトのままでいれば 

ほんものなんだよ トマトをメロンに 

みせようとするから にせものになるんだよ 

みんなそれぞれに ほんものなのに
 
骨を折って にせものに なりたがる

「いのちいっぱい」より 〜相田みつを〜


マンサク(春).bmp


マンサク(万作) マンサク科の落葉小高木。原産地は日本で、各地の山野に自生する。早春、どの花よりも早く、葉に先がけて小枝に点々と黄色い小さな紐状の四弁花をつける。名の由来は、『まだ雪の残っている山肌に”まんず咲く”花』がなまったものとの説が一般的。


【松下幸之助心に響く言葉
人間形成の過程には、体験として、

ある期間、適所でないところに立つことも、また必要である。

しばらくそういう仕事も味わってみて、

いつか適所に座るというのが望ましい。

「松翁論語」より 〜松下幸之助〜


*いい言葉は心を温かくしますが、そうでない言葉は、いや〜な感じ、いや〜な気分にさせられます。言葉って不思議ですね・・・

次項有人間関係を悪くする!ムッとさせる言葉
〈さりげないけど、間違いなく嫌われるひと言)

少しは○○君を見習ったらどうだ!
  たとえ発奮させるのが目的であっても、他人の例を持ち出して
  「○○君を見習え」というのは、大人の禁じ手です。誰でも
  「人とは比べられたくない」というプライドを持っています。
  「○○君を見習え」は「○○君より下」と同義の言葉ですから、
  相手のプライドを大きく傷つけてしまいます。
  相手は、決して「○○君を見習おう」という気持ちにはなら
  ないでしょう。

私もよく上司に言われた覚えがあります。なんとなく嫌な感じがしたのは、自尊心が傷ついていたからなんですねもうやだ〜(悲しい顔)



最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

posted by 前田泰章 at 00:00| 相田みつを(いのちいっぱい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。