9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」: 「エリカ」と魔法の言葉

2008年10月21日

「エリカ」と魔法の言葉

ああなりたい、こうなりたい、あれも欲しい、これも欲しい。
 人につける点は辛く、自分につけつる点は甘い。
 言うことやることがいつもちぐはぐ、それが人間、
 それが自分です。

「おかげさん」より 〜相田みつを〜


エリカ.bmp

エリカ ツツジ科の常緑低木。原産地はヨーロッパとアフリカ。一般的には英名のヒースで呼ばれている。日本には大正時代にはいってきた。エミリー・ブロンテの小説「嵐が丘」の舞台のように、大地を埋め尽くすほど群生した赤桃色のエリカは壮観。花は小さな釣り鐘状でかわいい。花言葉は 「孤独」


   きみは自分で自分を教育しているか?
「松翁論語」より  〜松下幸之助〜



次項有人間関係がうまくなる!「魔法の言葉」
〈主夫の私も使っている!今日のさりげないひと言〉

 また、近いうちに
  次回いつ会うか決まっていないが、また会いたい相手と別れる
  ときに用います。対等な関係か、目下に対して使います。
  目上の人には、「また、近いうちにお会いしたいと存じます」
  と言葉を補いましょう。頻繁に会っている相手なら、
  「では、また」でもOKです。

  ちなみに、私は、娘の授業参観や学校行事で「お母さん」方
  に使ったりします。前回の参観日は30人中お父さんは、
  私を含めて、2人でしたもうやだ〜(悲しい顔)


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつを(おかげさん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。