9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」

2008年10月27日

「レンギョウ」と魔法の言葉

 気の小さいものはね小さいままでいい。気の小さい者がね、座禅
 をすれば太っ腹になる、そんなことはない。座禅をすれば全部の
 人が太っ腹になるなんてことになったら、むしろそのほうがおか
 しい。
 ここで重要なことはね、気の小さい者はダメで、太っ腹の
 者はいい、という考え方だ。
 世の中はいろいろな人がいるからいいんでね、
 みんな一色になったらそれこそ大変だよ・・・

「おかげさん」より 〜相田みつを〜


レンギョウ.JPG


レンギョウ(連翹) モクセイ科の落葉低木。原産地は中国。日本への渡来は不明だが、同様にヤマトレンギョウがある。マンサクと同様に葉が出る前に花が咲く。漢方では実を連翹(れんぎょう)と称し、解熱、解毒、消炎剤として風邪の初期症状の治療に使うほか、皮膚病の治療にも用いる。花言葉は「希望」

 もらった百万円と、汗水たらしてつくった百万円。
 同じ百万円でも値うちが違う。

「松翁論語」 〜松下幸之助〜


次項有人間関係がうまくなる!魔法のひと言
〈主夫の私も使っている!今日のさりげないひと言〉

素晴らしい!  
  相手の自慢話を聞いているとき、「ここぞ」というところで
  つかいたいあいづちです。「へえ」「なるほど」などと、
  おなじようなあいづちばかりを使っていると、真剣に話を
  聞いているという印象を与えません。そこでクライマックス
  と思えるところで、「素晴らしい!」と賞賛のあいづちを
  送ると、真剣に聞いてくれることを伝えられ、同時に相手
  に満足感を与えられます。

私は子供を褒めるときに、よく使います。
「今日、テストで100点取ったよ!」【素晴らしい!】
「今日も、100点だったよ!」【すごいぞ〜、素晴らしい!】
「今日は、80点だったバッド(下向き矢印)」【その努力が、素晴らしい!】
まぁ、こんな感じです。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 08:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 相田みつを(おかげさん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。