9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」

2008年10月24日

「カイドウ」と魔法の言葉

 ほんとうのことが いちばんいい
「おかげさん」より 〜相田みつを〜


カイドウ.jpg


カイドウ(海棠) バラ科の落葉高木。原産地は中国。日本への渡来は江戸時代以前といわれる。同じ仲間で実のなるミカイドウに対してハナカイドウともいう。庭木や盆栽、切り花として人気がある。満開の木を遠くから見ていると桜と間違うほどよく似ている。古くから盆栽として愛好されている。


 何が正しいかを考え、信念をもってなすべきをなす。
 平凡といえば平凡だが、それをするかしないかが、成否の
 分かれ道である。

「松翁論語」より 〜松下幸之助〜


次項有人間関係がうまくなる!魔法の言葉
〈主夫の私も使っている!きょうのさりげないひと言〉

いいお天気ですね
  とくに話すことのない相手には、天気に関する話題をあいさつ
  代わりにするのが無難でしょう。この言葉は、日が差している
  日なら、1年中いつでも使えます。一方、雨なら、「あいにく
  のお天気で」、晴れたり曇ったり、雨が止んだりといったとき
  には「はっきりしないお天気ですね」というのがいいでしょう。

このことを覚えていれば、初対面の人でも話題がふれますね。
私は娘の学童のお母さん方に、よく使っています。



最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 相田みつを(おかげさん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。