9秒で勇気をくれる!ちょっと★「いい言葉」

2008年10月23日

「トリカブト」と魔法の言葉

 人の世話を、自分の遊びとしてできる人は観音様です
「おかげさん」より 〜松下幸之助〜


トリカブト1.jpg

トリカブト(鳥兜) キンポウゲ科。原産地は北半球の温帯から寒帯の各地。日本には約30種が山野などに自生しているが、大半は根に猛毒をもっていて、天然の毒ではフグに次ぐといわれている。漢方では根を附子(ぶし)または烏頭(うず)と称し、鎮痛剤、血圧下降剤などのほかに、神経痛の薬として利用する。花言葉は「敵意」

 
 批判しようと思えば、どんなにいいことでも批判できる。
 いいところをつとめて見ようとするところに、
 人間の成長がある。

「松翁論語」 〜松下幸之助〜


次項有人間関係がうまくなる!「魔法の言葉」
〈主夫の私も使っていた!今日のさりげないひと言〉

名刺を持ち合わせておらず、失礼いたします 
  初対面のあいさつでは、一般に名刺交換を行いますが、
  プライベートで会ったときなど、名刺を持っていないことも
  ありますよね。
  そんなときに用いると便利な言葉です。なお、ビジネスの場面
  では、名刺を持っていないとき「忘れました」というのは禁句
  です。たとえ忘れたとしても、「ただいま、名刺を切らしてお
  りまして」というのが、大人のお約束です。

  いま、私は肩書きが主夫ですから、名刺は必要ないんですね。
  いつか、名刺に「主夫兼○○取締役」な〜んて書けたら・・・
  そんな世の中になったら、面白くなりそうです。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
posted by 前田泰章 at 08:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 相田みつを(おかげさん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。